「救いとしての不倫」ブラック企業、パワハラ上司に疲れ果て――美央の場合〈上〉

「救いとしての不倫」ブラック企業、パワハラ上司に疲れ果て――美央の場合〈上〉

同い年の妻子持ち男性と不倫関係にある美央

 今回紹介するのは、都内の広告代理店に勤める独身女性、鈴木美央(仮名・33歳)だ。彼女は、同い年の妻子持ちと現在不倫関係にある。

「もしあたしと翔太君が奥さんより先に出会ってたら、絶対に結ばれていたって思うんですよ。ほんと、出会うタイミングって残酷だと思う。私たち、肉体関係はないんです。いわゆる、“プラトニック不倫”。だから法的には不倫関係じゃないよねって突っ込まれたら、それはそうだと思います。でも、自分が相手の奥さんだったら一番嫌だと思うんですよ、心で繋がっている関係って」

 美央は初恋の人について話すみたいに無邪気な笑みを浮かべた。

 東京、渋谷――。土曜の午後3時、家族連れが楽しそうに行き交う休日のセンター街。そこに少し急ぎ足気味で現れたのが美央だった。

 年の割には童顔なので、本人だとはすぐには気づかなかった。芸能人に例えると広瀬すず系の美人になるだろうか。白のブラウスの上に、落ち着いた黒のジャケットを羽織り、紺色のフレアスカートといういでたち。大手企業の受付嬢の一人と言われても遜色のない、とても魅力的な女性である。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)