JAY’ED、先輩EXILE・ATSUSHIとの10年越しの夢を実現

JAY’ED、先輩EXILE・ATSUSHIとの10年越しの夢を実現

JAY’ED 撮影/坂本利幸

「またこうして、みなさんの前で歌うことができて本当に幸せです。僕の歌を聴いてくれた人が“もう少し頑張ってみよう”と思えたり、ポジティブなきっかけを作ることができるアーティストになれたら、すごくうれしいですね」

 6月23日にリリースされた『Here I Stand』は、2008年にメジャーデビューしたJAY’EDの、約3年ぶりとなるアルバムに。サウンドプロデュースを手がけたのは、10年来の付き合いとなるEXILE ATSUSHI。

「出会った当時からATUSHIさんは日本の音楽シーンを牽引している人だったので、最初はすごく緊張しました(笑)。でも、話していくうちに、好きな音楽や音楽に対する思いに、自分とシンクロする部分を感じたんです。“いつか一緒にやれたらいいね”と話してくださっていたことが、今回やっと形になったな、と」

 ATSUSHIの人柄について聞くと、

「本当に優しい先輩です。気遣いがすごいし、人の気持ちを感じ取る力があるような気がします。レコーディングに立ち会っていただいたときも“JAY’EDらしく歌ってほしいし、JAY’EDの世界に(曲を)持っていってほしい”とアドバイスをくれました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)