吉本新喜劇・座長の小籔千豊「安定を求めて吉本新喜劇へ入ったがギャラは1日2500円」

記事まとめ

  • 小籔千豊はビリジアン解散後の’01年に吉本新喜劇入団、’06年に当時の最年少座長に
  • 小籔千豊は「最初に提示されたギャラは1日2回公演で2500円」と語った
  • バッファロー吾郎Aから「明石家さんまなど、あそこを経過した人は売れている」と助言

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております