日本でも増加中! 超年上妻×年下夫カップルは、婚活市場の新たな起爆剤となるか

日本でも増加中! 超年上妻×年下夫カップルは、婚活市場の新たな起爆剤となるか

芸能界でも“超”姉さん女房が増えてきている。(上段左から)千秋(45)、小雪(40)と松山ケンイチ(32)、吉田美和(52)/(中段左から)菊地凛子(36)と染谷将太(24)、マクロン仏大統領(39)、長野久義(32)と下平さやか(44)/(下段左から)濱田岳(28)、ヒュー・ジャックマン(48)とデボラ・リー・ファーネス(61)、ほしのあき(40)

 ここ最近、年齢差のある年上妻と、年下夫のカップルが急増中。厚生労働省の「婚姻に関する統計」(2010年)の調査によると、初婚夫婦のうち妻が年上の構成比は、23・6%。長所・短所も含め、そんな年上妻の実態をご紹介します。女性が年上という選択も受け入れたら、婚活市場ももっと活性化するはず!

 39歳の若さで史上最年少のフランス大統領となったエマニュエル・マクロン氏。エリート養成校「国立行政学院」(ENA)を卒業後、投資銀行勤務を経て大統領府入りを果たすなど、超エリートにしてイケメンな風貌が話題を呼んでいるけど、とりわけ世間の関心を集めたのが25歳年上のファーストレディー、ブリジットさん! マクロンが15歳、ブリジットさんが40歳のときにふたりは出会い、彼女はマクロンが通う高校の教師で、彼が所属した演劇部の顧問だったというからさらにビックリ。自由と平等と博愛を掲げるフランスといえども、さすがに規格外のカップルなのでは!?

「フランスには年配の女性がいくつになっても男性を意識するという文化や風習が根づいている」と教えてくれたのは、評論家にして官僚時代にENAへの留学経験を持つ八幡和郎さん。いくつになっても身だしなみや気品を大切にするフランスでは、年をとったからといって女性の価値が下がることはないのだとか。

「とはいえ、15歳からの思いを成就してしまったマクロンは例外といえる。興味深いのは、ブリジットが今でもマクロンを“指導”しているという点。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)