小林麻央さん「いい嫁がきてくれた」辛く長い闘病生活を支えた一家の絆

小林麻央さん「いい嫁がきてくれた」辛く長い闘病生活を支えた一家の絆

小林麻央さん

「麗禾はずっと麻央の側を離れませんでした。“(彼女の)横でずっと寝る”と言って寝ていました。(亡くなったことを)認識はしていると思いますね」

 6月22日の夜、乳がんで闘病していた小林麻央さんが34歳で人生を終えた。翌日の会見で夫の市川海老蔵は、麻央さんが息を引き取ったときの長女・麗禾ちゃんと長男・勧玄くんの様子をこう語った。

「勧玄はわかっているんですけれど、まだわかっていないところもあって。今日の朝も、麻央が横になっているところで顔を触ったり、足をさすったり、手を握ったり……」

 まだ4歳の勧玄くんは、お母さんが亡くなったことを完全に理解できていないよう。勧玄くんはお母さんが大好きなようで、15日の麻央さんの公式ブログで、

《昨夜は、足湯をしていたら、息子がお湯をかけて、なでてくれました》

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)