【スー女のススメ】“推しもうさん”は必ず見つかる、だってカワイイんだから!

【スー女のススメ】“推しもうさん”は必ず見つかる、だってカワイイんだから!

和田靜香こと和田翔龍(わだしょうりゅう)の見事な土俵入り 撮影/根本尚史

 なんだか最近、ネットやTVや雑誌、いろんなところで身体の大きな裸の男たちをやたら見るわねぇ……とぼんやり感じているあなた、ズバリ、大相撲にはまったく興味ありませんね? 

 横綱・稀勢の里に次いで大関・高安が誕生! 7月9日から始まる名古屋場所のチケットも即日完売!なるニュースを見ても、ふ〜んと気乗りしない、そんなあなたにこそ大相撲、ぜひご覧いただきたい!と私は強くお勧めします。

 そういう私は相撲観戦歴十数年の「スー女(相撲女子)」なライター。元々は洋楽ロック・スターを追いかけて幾星霜だったのに、TVで見た横綱・朝青龍に魅了され、大相撲ファンに。 

 実は最初に相撲を見た当時、私は落ち込み引きこもり、人生どうしてこうなった?と、答えのない問いにひたすら絶望していたが、勝負わずか十数秒、気合一発、一瞬で答えが出る相撲にスカッと爽快感を味わい、自分も立ち上がろう!と勇気をもらったのだ。

 それからはTV観戦&国技館通いが始まり、熱戦を食い入るように見つめていたけど、早々に「あれっ?」と気づいた。今や技巧派のベテラン関取の嘉風(よしかぜ)、大学生チャンピオンとして颯爽と登場した彼は唇がプルンっとしたベビーフェイスなキュート君だったし、今では威風堂々の横綱・白鵬は色白の美肌少年だった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)