騙されないと思う人ほど騙される。詐欺対策は「お金の話が出たら、さしすせそ」

騙されないと思う人ほど騙される。詐欺対策は「お金の話が出たら、さしすせそ」

「特殊詐欺に自分は遭う?」という質問に…。※内閣府の発表をもとに本誌作成。被害に遭わないと考えている側の人は8割を超える。高齢者は特に自信を持っているが、その過信が命取りなのだ

「“自分だけは詐欺なんかに引っかからない”と思っている人ほど騙されやすい」

 と悪徳商法の被害者心理に詳しい立正大学の西田公昭教授はキッパリ。それを証明するかのように、内閣府が’16年に行った世論調査では、「自分は被害に遭わないと思う」と答えた人の割合は80・7%と高い。

「具体的な対策をしているわけでもないのに根拠のない自信がある人は、詐欺師の格好の獲物です。心理用語で“脆弱性の無知”といいますが、非現実的な楽観主義の傾向が強い。人をむやみに疑わないのは、精神的には健康でよいと思いますが、まさかと思っているだけに、実際に詐欺をしかけられると瞬時に対応できないのです」(西田教授、以下同)

 そのほかに狙われやすい人の特徴については、以下に記したとおり。

【1】警戒心がない
【2】情にほだされやすい
【3】深く考えず習慣的な言動をする
【4】見栄っ張り、世間の目が気になる
【5】人に相談せずに何でも急いで決断

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)