小林麻央さんの献身、謹慎中の海老蔵のために姑・希実子さんと出向いた謝罪行脚

小林麻央さんの献身、謹慎中の海老蔵のために姑・希実子さんと出向いた謝罪行脚

暴行事件後、臨月にもかかわらず義母とご贔屓筋を訪問('11年6月)

 婚約会見で心に響いた言葉を聞かれて「来世も再来世も一緒にいよう」と答えた小林麻央さん。だが、こんなに早く別れが来るとは……。

「海老蔵といえば、女優と浮名を流し、隠し子もいたほど。なので、彼女の交際に反対した人も多かった。ですが、彼の一途な思いで、結婚に至ったのです」(芸能レポーター)

 '10年3月3日に結婚。だが、結婚してすぐは夜遊びする海老蔵の姿が、よく目撃されていた。そんな中、'10年11月25日に起こったのが、西麻布暴行事件だ。

「彼は顔面全体に全治2か月の大ケガをし、公演は中止。CMもすべて打ち切りとなりました。それでも麻央さんは夫を責めるようなことはひと言も言わず、身重ながら必死に看病したんです。また、謹慎中の海老蔵に代わり、ご贔屓筋にも義母の希実子さんと謝罪行脚に出かけていたのです」(スポーツ紙記者)

 『週刊女性』も'11年6月30日に、翌月に仕事復帰する夫のため、都内のご贔屓筋を義母と巡る麻央さんを目撃している。臨月にもかかわらず、1軒1軒、訪問していた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)