JUMP中島裕翔、都内カメラ専門店に変装して訪れる

「Hey!Say!JUMPの中島裕翔クンがひとりで買い物をしていました。黒いシャツにジーンズ姿でしたね。黒いニット帽と黒縁のメガネにマスクをして変装していましたが、背の高さとオーラで彼だとわかりましたよ」(目撃した女性)

 中島が都内のカメラ専門店に現れたのは、6月中旬のお昼過ぎのこと。児童相談所の福祉士の役を演じたドラマ『母になる』(日本テレビ系)の撮影も終わり、つかの間のオフだったのだろうか。

「カメラをいくつか物色したあと5000円くらいの渋めのストラップやフォトディスプレー、フォトブックなどを買っていましたよ。会計の際には領収書をもらって、店員の方にお礼を言っていましたね」(前出・目撃した女性)

 意外かもしれないが、実は、中島は大のカメラ好きなのだ。

「もともと携帯で写真を撮るのが好きだったのですが、'09年くらいから本格的にカメラに興味を持ち始め、本を買って勉強したり、プロのカメラマンに聞きながら独学で勉強したみたいですよ」(芸能プロ関係者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)