土屋太鳳が“愛しすぎて”いるものは「仕事」とあとひとつ何?

土屋太鳳が“愛しすぎて”いるものは「仕事」とあとひとつ何?

土屋太鳳 撮影/廣瀬靖士

「私が出ている作品は見てくれますし、感想も聞かせてくれます! でもだいたいは、いつも私が“今日はこんなことがあったよ”ってその日の出来事を話してしまうので、作品を見た後に“あのときの話は、ここにつながっていたのね”って(笑)。いつも大事なときにはそばにいてくれる家族は、本当に大切な存在です」

 映画『兄に愛されすぎて困ってます』(6月30日[金]全国ロードショー)で、いろんなタイプの年上イケメンズから、いきなり“愛されすぎ”状態になってしまう女子高生・橘せとかを演じた土屋太鳳(22)。

 今回も、家族からの反応が楽しみだと笑う。

「私、両親はもちろんなんですけど、姉と弟のことが大好きなんです。姉のことは、保育園のころに男の子と取り合っていたくらい(笑)。

 弟はある意味、私の理想というか、おもしろくて優しくて、“こうしたい”って思ったことに対して努力する姿がカッコいいなって思います。最近は、私がくっつくと離れていっちゃうんですけどね(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)