『ひよっこ』の隠れイケメン・磯村勇斗「みね子は無意識な小悪魔タイプ」

『ひよっこ』の隠れイケメン・磯村勇斗「みね子は無意識な小悪魔タイプ」

磯村勇斗 撮影/廣瀬靖士

「自分の店を持ちたいという夢のために頑張っているヒデと、俳優という仕事に熱中している自分。目標に向かって突き進む気持ちで重なる部分があります」

 すずふり亭で、料理長の省吾(佐々木蔵之介)の下、見習いコックとして働く“ヒデ”こと、前田秀俊を演じている磯村勇斗(24)。“朝ドラ”は『まれ』以来、2回目の出演。ヒロイン・まれ(土屋太鳳)の合コン相手のひとりという役だった。

「あのときはバラの花柄のシャツを着たチャラい感じで(笑)、ワンシーンだけの出演で。もっと出たいという気持ちがあったので、今回レギュラーとしてこの現場に戻れたのは本当にうれしいです」

 厨房(ちゅうぼう)のシーンでは、野菜の皮をスムーズに剥いたり、キャベツをプロ顔負けのスピードでせん切りにするなどの腕前を見せている。そうとう練習した?

「クランクイン前から料理指導していただき、家でも練習しました。おかげさまで、せん切りのスピードもかなり速くなりました。実は、5年前からひとり暮らしを始めてから料理はしていて。昔、バイトで居酒屋さんの厨房に入っていたんです。料理長がいて先輩がいて僕がいてと、今のすずふり亭みたいに3人で回してたんですよ」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)