「最期を看取ってね」がプロポーズ?? 芸能界だけではない、熟年結婚ブームの“なぜ”

「最期を看取ってね」がプロポーズ?? 芸能界だけではない、熟年結婚ブームの“なぜ”

左上から時計回りに、阿川佐和子、夏木マリ、加藤茶、小林幸子、モト冬樹、奈美悦子、布施明、桃井かおり

《今後はできることなら、互いの健康を気遣いつつ、足腰が丈夫なうちにできるだけたくさん好きなゴルフをし、おいしいものを『おいしいね』と言い合い、くだらないことに笑い合って、ときどき言い争いつつ、穏やかに老後を過ごしていければ幸いかと存じます》

 エッセイストの阿川佐和子が63歳でめでたく結婚し《ようやく結婚いたしました》とコメントを発表してひと月あまり。結婚をあきらめたかと思われていた彼女を世間は祝福したが、芸能界では熟年婚をする人も少なくない。

 歌手の布施明も65歳のときに、当時50歳の森川由加里と結婚。本誌の直撃取材に《彼女は、いまは欠かせない女性です》と語っている。

「'07年から事実婚状態にあった夏木マリさんも64歳のとき、東日本大震災をきっかけに家族や夫婦の絆を改めて考え、2歳年上のパーカッショニスト・斎藤ノヴさんと結婚。“彼が先に出かけるときに、これで会えなくなるかもと思うから、必ず玄関まで送りにいく”と語っていました」(芸能レポーター)

 桃井かおりも64歳のときに55年来の幼なじみと結婚。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)