誰が何のために移転を決めたのか── 「豊洲移転」の真の理由と築地の真価を問う

誰が何のために移転を決めたのか── 「豊洲移転」の真の理由と築地の真価を問う

築地市場の豊洲への移転計画、そのリスクと疑惑とは

 小池百合子氏が反・自民都連を打ち出し、鳴り物入りで都知事に就任したのは1年前のこと。五輪、築地問題で「決められない政治」と批判されれば「おっさん政治」と切り返し、離党、写真集発売と常に話題をふりまいてきた「小池劇場」だが課題は依然、山積み。迫る都議選を前に、国政にも影響大な「都民ファースト」の中身と行方を徹底検証する。第2弾は築地市場の移転問題の行方──。

◇   ◇   ◇

 築地市場(東京都中央区)の移転問題で6月20日、小池百合子都知事は緊急記者会見を開き、豊洲(同・江東区)へ中央卸売市場を移転し、築地跡地は5年をめどに再整備する基本方針を発表。「世界の台所」は「食のテーマパーク」として再開発し、市場機能をも持たせるというプランを打ち出した。

「築地は守る。豊洲は活かす」

 こう述べる小池都知事だが、将来の市場併存について具体策は、今後の課題、都民の動向次第となった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)