<新着DVD>人生のどん底にいた男に訪れた、クリスマスのNYでの奇跡

<新着DVD>人生のどん底にいた男に訪れた、クリスマスのNYでの奇跡

『素晴らしきかな、人生』

 ニューヨークの広告代理店で成功していたハワード。しかし彼は最愛の娘を失い、深い喪失感と悲しみでプライベートも仕事もやる気がなく会社の経営も危ない。同僚もそんなハワードと会社を心配していた。ある日、ハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優が現れて……。

『プラダを着た悪魔』のデヴィット・フランケル監督による、ウィル・スミスほかケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレンなど名優たちが豪華共演したヒューマンドラマ。人生のどん底でもがいていた男に訪れたファンタジックな奇跡の連鎖を描く。NYの最新トレンドスポットや観光地、プラダやグッチなどのハイブランドファッションにも注目。

 ところで、この邦題からはほぼ同じ日本語タイトルがついている『素晴らしき哉、人生!』(フランク・キャプラ監督、'46年)が思い起こされるけど本作はリメークなどではなく別の物語なんだそう。だけどともに舞台はクリスマスのニューヨークで、主人公の前に不思議なキャラクターが登場するのも似ているような……。アメリカでは『素晴らしき哉、人生!』は聖夜に放映される定番映画で、見たことのない人はほとんどいないという作品。映画史に残る名作ともいわれているので未見の方はこの機会に比べてみるのもいいかも。

 監督:デヴィッド・フランケル/出演: ウィル・スミスほか。7月5日発売。

 映画監督の神林は15年ぶりに新作映画『約束の日』を撮ることに。脚本家は若手の鏑木。ある日、台本印刷会社で働く栃原はまわってきた原稿を見て鏑木が書いたものと気づく。『約束の日』の台本は完成し、それぞれ出演者の手に渡っていく。が、わがままな主演女優が失踪し……。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)