<小池都政検証>待機児童解消のための政策、その効果と課題とは

<小池都政検証>待機児童解消のための政策、その効果と課題とは

昨年話題になった「保育園落ちた日本死ね」に今も7割の女性が共感するとの調査結果が

「東京大改革」を掲げて、都議会の「伏魔殿」ぶりを白日に晒(さら)し、秘密体質の一掃に力を尽くす小池都政だけど、肝心の政策は「都民ファースト」と言えるのか? 小池都知事の政策を項目別に検証してみた。待機児童解消のための政策とは──。

◇   ◇   ◇

 待機児童対策は緊急課題でもある。小池都知事や、代表を務める「都民ファーストの会」でも大きく打ち出している。保育施設の定員を増やし、市区町村と民間事業者への財政支援が中心的な政策だ。

 待機児童解消のために、都では事業所内保育所の拡充に力を注ぐ。地域に開放した場合に設置費や運営費などを補助するほか、シンボル事業として都庁内保育所『とちょう保育園』を昨年10月にオープンさせた。

 待機児童問題を取材する福祉新聞の鮫島隆紘記者は「待機児童は、入所資格があるのに保育所が不足し、入所できずに待機している児童のこと」と言い、本来は、施設や人員が国の基準を満たす「認可保育所」か、東京都独自の「認証保育所」に入所するようにすべきと主張する。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)