金曜の夜は西島秀俊が“7匹の猫”に翻弄される!? 重松清の短篇集をドラマ化

金曜の夜は西島秀俊が“7匹の猫”に翻弄される!? 重松清の短篇集をドラマ化

『ブランケット・キャッツ』(NHK総合 金曜夜10時〜=全7回) (c)NHK

 亡き妻の愛猫7匹の新しい飼い主探しをする主人公が、人生を取り戻していくハートウォーミングドラマ『ブランケット・キャッツ』(NHK総合 金曜夜10時〜=全7回)。主演の西島秀俊が、家具の修理職人の役作りに加え、猫との付き合い方を事前に勉強して臨んだ意欲作。その見どころとは―。

 直木賞作家・重松清の同名短編集をドラマ化。主演は西島秀俊。松本明子プロデューサーは、企画が決まった段階で監督や脚本家と、主人公の椎名秀亮を西島が受けてくれたら、と話していたという。

「映画やドラマで、強くてカッコいいイメージの西島さんが猫に翻弄される姿を、視聴者の方も見たいはず! と、思いました。出演オファーの前に脚本家の江頭(美智留)さんがあげてきた台本は、すでに西島さんをイメージして書いたもの。快諾してくださったからよかったけれど、NGだったら全部、書き直しになるところでした(笑)。

 吉瀬美智子さんも(秀亮の幼なじみの獣医師)藤村美咲のイメージにぴったり。西島さんと吉瀬さんの共演は見たことがないけれど、すごく合うのではないかと思い、オファーしました」

 家具の修理店を営む秀亮は、世話をしている7匹の猫の新しい飼い主を探していた。交通事故で亡くなった妻(酒井美紀)が可愛がっていた猫たちだけに、新しい飼い主選びには慎重な秀亮。そのため、猫が使い慣れたブランケットとともに2泊3日のトライアルで飼ってもらい、問題がないようなら、譲ろうというのだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)