詐欺被害者家族、無念を語る「聞かれるままにトークンのパスワードを」

詐欺被害者家族、無念を語る「聞かれるままにトークンのパスワードを」

「126万円も騙し取られた義母は…」※写真はイメージです

「ある日、義母あてに“銀行”から電話があり、使用口座の確認という名目で口座番号や名義、住所、電話番号を聞かれたそうです。紳士的かつ、やさしい口調で疑いもしなかった、と話していました」

 都内在住の小沢いずみさん(55歳=以下、すべて仮名)はそう顔を曇らせる。

 先日、同居の義母・聡子さん(84歳)が「なりすまし詐欺」で126万円を騙し取られたのだ。

 電話を切ったあと、聡子さんは急に不安に。銀行に電話をかけてみると、

「銀行は“そのような内容を電話で聞くことはないので今後、電話があっても暗証番号だけは教えないで”と。ところが本人は、暗証番号さえ言わなければ大丈夫だと思ってしまったようです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)