有働アナや美人女優のワキ汗に高須院長「トリプルパンチで汗をかかざるを得ない」

有働アナや美人女優のワキ汗に高須院長「トリプルパンチで汗をかかざるを得ない」

有働由美子アナウンサー

 NHKの有働由美子アナやテレビ東京の大江麻理子アナなど、番組内で洋服の汗ジミをいじられて話題になった女性の「ワキ汗」。

 ネットで“ワキ汗 芸能人”と検索すると、藤原紀香や仲間由紀恵、松下奈緒など、芸能界を代表するような美人女優陣のワキ汗画像も多数アップされ、賛否両論のさまざまなコメントがつけられている。

 有働アナは2017年5月31日放送の『あさイチ』(NHK)の女性のワキ汗特集で、「男性がそう(ワキ汗を悪いと)思っているんじゃないかな、という思い込みが女性を気にさせている。ワキ汗もう変えようよ。いいことにしようよ。頑張って汗が出るんだから。ワキ汗かく人、いい人ばかりだよ」と意見を呈した。

 誰もが汗はかくものだが、果たしてワキ汗は「スメハラ(臭いによる嫌がらせ)」のように「汗ハラ」といえるのか? ワキ汗の疑問と対策方法を美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――ネットに出回る大量の有名人ワキ汗画像は、テレビ出演時のシーンが多い印象があります。やはり強い照明を浴びたり、気候にかかわらず見た目優先の衣装を着るなど、芸能活動自体がワキ汗をかきやすい環境にさらされているのでしょうか? 

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)