「総理大臣になりたい」後任候補は27歳女性「都議会のドンVS小池」代理戦争の行方

「総理大臣になりたい」後任候補は27歳女性「都議会のドンVS小池」代理戦争の行方

総決起大会に集まった支持者と笑顔で握手を交わす「都議会のドン」こと内田氏と中村候補

 小池百合子都知事と対立した都議会自民党。最大の実力者で、“ドン”と呼ばれた内田茂氏(78)=千代田区選挙区(定数1)=は政界を引退する。知事選で自民党東京都連が推薦した増田寛也・前岩手県知事が敗れ、幹事長を辞任した。

 一方、小池都知事と自民党都連の代理戦争と呼ばれていた2月の千代田区長選でも、小池都知事支持の現職が5回目の当選。自民党推薦候補の3倍以上の得票だった。

 こうした経緯もあり、都議選の注目選挙区となる千代田区。圧倒的不利な状況で、自民党からは新人・中村彩氏(27)が立候補した。

「高校時代から総理大臣になりたいと思っていた」

 6月4日に開いた総決起大会でそう述べた中村候補。大学生のときは、自民党政経塾に通い、片山さつき参院議員の事務所でインターンもしていた。また一方、小池都知事が主宰する『希望の塾』にも参加。都民ファーストの会で立候補を考えた時期もあるが、最終的には自民党を選んだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)