94歳・内海桂子師匠が語る、79年の芸人人生と24歳年下の夫とのロマンス

94歳・内海桂子師匠が語る、79年の芸人人生と24歳年下の夫とのロマンス

芸人生活79年の内海桂子さん「とにかく仕事をしているのが一番楽しいね!」 撮影/佐藤靖彦

 5月21日、日本橋・三越劇場で『90なんてまだ若い! 内海桂子・桂米丸』の舞台が始まった。

 昭和2年に百貨店の中の劇場として誕生し、以来、古典芸能や演劇、落語会、コンサートなど多彩な文化を発信し続けてきた三越劇場が、今年90周年を迎える。

 これを記念して行われた実演イベントのひとつが、この舞台。

 ちなみに桂米丸さんといえば、『笑点』の前司会者、桂歌丸さんの師匠にあたる。大正14年生まれの92歳。新作落語の名手として知られ、その飄々(ひょうひょう)とした芸風は、現在も寄席で健在である。

 飴(あめ)色に光り輝く木製の天井、アールデコ風のデザイン、いかにも老舗らしい劇場は400人を超える中高年の女性客でいっぱいだった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)