日本代表の本田圭佑はACミランの3年半の契約期間を満了し、7月1日からは無所属に

日本代表の本田圭佑はACミランの3年半の契約期間を満了し、7月1日からは無所属に

記事まとめ

  • 本田圭佑はACミランの3年半の契約期間を満了し、7月1日からは無所属になった
  • 本田は6月20日深夜に、5日間の日本滞在を終え、羽田空港からドバイへと向かっていた
  • 本田は練習しなくて大丈夫かとの心配の声に「心配してください 感謝します」と答えた

本田圭佑が無所属に! “サッカーよりもビジネス優先”疑惑を直撃すると

本田圭佑が無所属に! “サッカーよりもビジネス優先”疑惑を直撃すると

本田圭佑

――練習しなくて本当に大丈夫だろうかと思ってしまうのは、余計な心配でしょうか?

「ありがとうございます。心配してください。感謝しまーす。はい!」

 6月20日の深夜。羽田空港内を颯爽(さっそう)と歩く金髪の男は、直撃取材に不敵に微笑んだ。サッカー日本代表でいちばんの影響力を持つと言われるエース・本田圭佑だった。わずか5日間の日本滞在を終え、ドバイへと向かうところだった。

「本田は今季まで、セリエAの名門チーム・ACミランで背番号10番を背負っていました。3年半の契約期間を満了し、7月1日からは無所属。新天地を探すことになります」(スポーツ紙記者)

 セリエAは現在、オフシーズン。ほかの選手は旅行に出かけたり、恋人と過ごしたりと思い思いのバカンスを満喫しているが、本田はひと味違った。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)