早逝したカリスマ女性美容師の“熱く、太く、強く”生きた姿を追ったノンフィクション

早逝したカリスマ女性美容師の“熱く、太く、強く”生きた姿を追ったノンフィクション

日本唯一の「ヘアライター」でもある佐藤友美さん 撮影/斎藤周造

 長くファッション誌のヘアページを担当し、日本で唯一のヘアライターでもある佐藤さん。大ヒットした前著『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)とは打って変わって、今回書き上げた『道を継ぐ』(アタシ社)は49歳でスキルス胃がんで亡くなったカリスマ美容師・鈴木三枝子さんの姿を追ったノンフィクションだ。この女性がとにかくカッコいい。

「美容業界でこれほど誰もが影響を受け、憧れた人はいなかった。鈴木さんが勤めていた美容室『MINX』のスタッフと飲みに行くと、いつも“鈴木さんに叱られた自慢”が始まるんです。こんなにひどい叱られ方だった、いや自分のほうがひどいって(笑)。亡くなって8年経つのに、みんな鈴木さんの話をします。どう生きたら、こうして色あせることなく人の記憶にとどまるのかを知りたくて」

 と、執筆の思いを語る。

 本書から浮かび上がるのは、鈴木さんのストイックでとことん一途な仕事ぶりと、その熱量で周りを巻き込み、一緒に仕事をする人たちに最大限の力を発揮させていくエネルギッシュな存在感。その生き方が話題を呼び、職業を問わず、あらゆる世代の人たちに読まれているという。

「ゆるやかに無理せず、ていねいに生きることが大切という風潮があるいまの時代、鈴木さんの熱く、太く、強くという昭和的な生き方は若い人の価値観と合わないかと思いましたが、20 代から『こんなふうに生きたい』『勇気をもらった』といった感想がたくさん寄せられています。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)