<静岡・吉田町>夏休み “最短16連休” で子どもたちは大激怒「町長の野郎〜!」

<静岡・吉田町>夏休み “最短16連休” で子どもたちは大激怒「町長の野郎〜!」

写真はイメージです

「夏休みを短くするのは反対です。友達とプールに行くのが生きがいだし、夏祭りにも行きたい。もっと工夫すれば、短くせずにすむと思います」

 と中学1年の男子生徒はハキハキと答えた。

 静岡県榛原郡吉田町。大井川が駿河湾に注ぐ西岸沿いの海街に人口2万9693人が暮らす(5月31日現在)。ウナギやシラス、高級マスクメロンの産地として知られるこの町の小・中学生が、夏休みを奪われるピンチに直面している。

 同町は吉田中、住吉小、中央小、自橿小の町立全4校について、来年度の夏休みを最短16連休に短縮する方針を決めた。削ったぶんを授業にあてて年間の授業日数を増やし、かわりに時間割を切り上げ、教職員の長時間労働を是正する狙い。週2日は午前中で終わり、午後は翌日の授業準備に取り組めるという。保護者への説明会も行っている。

「一部報道で『夏休み最短10日間程度』と報じられたため、保護者らが混乱している。10日間は平日の日数合計で、前後とあいだの土・日曜日を足せば『最短16日間』という言い方が正しい」と吉田町教育委員会の担当者は説明する。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)