ゲス教育者! 打撲・骨折、自殺未遂に妊娠中絶……DV教頭がW不倫教頭を訴えた

ゲス教育者! 打撲・骨折、自殺未遂に妊娠中絶……DV教頭がW不倫教頭を訴えた

写真はイメージです

 主な登場人物は3人。大阪府柏原市内の小学校の教頭・高橋康夫(仮名・45)とその妻・真由美(仮名)。同府富田林市内の小学校の教頭・川島実(仮名・45)だ。

 昨年12月28日、高橋は、「川島が言葉巧みに妻を誘い、そのいいかげんな言動が発端となった不倫が原因で家庭を壊された」と、川島に慰謝料500万円などを求める裁判を起こした。

 実は、裁判の背景には2人のゲス教育者とその妻によるW不倫の三角関係のもつれにDV、中絶も加わる、泥沼の様相を呈しているのだ。

 高橋教頭も川島教頭も、教育者として評判は悪くない。

 だが、高橋の知人は、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)