さんま、木村拓哉から小出恵介代役のオファー受けるもサラっとかわす

さんま、木村拓哉から小出恵介代役のオファー受けるもサラっとかわす

明石家さんま

「アミューズ創業39年の中で最大の不祥事と捉えている。非常に重く受けとめている」

 6月25日、両国国技館で開催された株式会社アミューズの『第39期定時株主総会』。質疑応答では株主から「小出恵介の不祥事」に関する質問がなされると、議長を務めた畠中達郎社長は語気を強めて再発防止を誓った。

 アミューズといえばサザンオールスターズをはじめ、福山雅治にポルノグラフィティ、吉高由里子、星野源やディーン・フジオカなど、一線で活躍するアーティストや俳優らが所属する芸能事務所だ。

「芸能プロとしては数少ない東証一部上場企業で、企業が商品やサービスのよしあしで株価が変動するように、所属タレントの活躍ぶりやイメージが大きく関連します。熱愛や結婚、離婚などのスキャンダルや、事故や犯罪などの不祥事は命取りにもなりかねない。小出の一件はまさにアミューズを揺るがす一大事件だったのです」(全国紙記者)

? “事件”直後の同社株価は、前日3120円から3010円とマイナス3・53%。景気の動向もあり単純に比較はできないが、'08年のサザンオールスターズ活動休止の9・95%、'15年の福山雅治結婚の8・3%には及ばずとも、'10年に桑田佳祐が食道がんを発表したときの2・96%を上回る下げ幅だった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)