『ひよっこ』峯田和伸、山形からの上京秘話「なまりがひどくて…」

『ひよっこ』峯田和伸、山形からの上京秘話「なまりがひどくて…」

峯田和伸。髪型もどことなくビートルズっぽい? 実はこのヘアスタイル、パーマがかかっている髪を30分以上かけてストレートにしているそう 撮影/伊藤和幸

「これまでは若い人たちから“写真を撮ってください”って声をかけられることはあったんです。でも、“朝ドラ”に出てからは50〜60代くらいの方たちから、“見てるわよ、もっとアンタ出なさいよ。出ていいのよ”って言われたり(笑)」

 連続テレビ小説『ひよっこ』で、ヒロイン・みね子(有村架純)の叔父・小祝宗男役で出演中の峯田和伸(39)。番組スタート当初から、“ちょっと変なおじさん”として話題となった宗男が、大好きなビートルズを追っかけ、ついに上京した!

「親がビートルズをずっと好きで、物心ついたころから家の中にはレコードが置いてありました。家でも曲が流れていたので、ビートルズは一番聴いている音楽かと。なので、こういう役をやれてすごくうれしいです」

 バイクに乗って現れ、いつも明るくて、その場を一瞬で明るくする――。そんな宗男にはモデルがいた!?

「’60年代って、まさにうちのじいちゃんの時代。当時、じいちゃんはドラマの宗男と同じくらいの年齢だったので、実家からそのころの写真を送ってもらったんですよ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)