「今、何時?」「恋人にフラれた」「パチンコで勝てない」110番を受ける警察官の憂鬱!

 交通事故を目撃した。路上で殴り合いのけんかをしているところを見かけた。酔っ払いが道ばたで寝ている――。日常でこんなシーンに遭遇したら、どんな行動を取るだろうか。

「警察に通報する」という人は少なくないだろう。そのときにコールするのが「110」。いわゆる110番(ひゃくとうばん)である。これが当事者である警察官の立場から見るとどんな光景なのだろうか。110番業務の現状を明かそう。

 110番通報は、おおむね、

(1)殺人、強盗、傷害、窃盗などの刑法犯に関するもの

(2)ひき逃げ、当て逃げ、人身、物件事故や駐車違反などの交通関係

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)