パンは白いほどがんになる?? 世界が認めた超健康食「全粒穀物」とは

 世界中を巡る著者が、現地の健康トレンドを毎週お届けします。

 日本人の2人にひとりが、生涯に一度は癌と宣告されます。3人にひとりが、癌で死にます。先進国のなかで、癌の死亡者数が増えているのは日本だけです。

 アメリカは70年代から癌の予防に取り組み、食事を変えることによって、癌による死亡者数を減らしました。

 増加する一方だった癌の死が、1992年から減少に転じたのです。

 アメリカで、「癌や心臓病のリスクを減らす」と法的に表示できる食品があります。全粒穀物(ホールグレイン)です。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)