高畑充希が明かす、星野源と共演した『おげんさんといっしょ』裏話

高畑充希が明かす、星野源と共演した『おげんさんといっしょ』裏話

高畑充希 撮影/伊藤和幸

「朝ドラ『とと姉ちゃん』が始まって、『わたしは真悟』や『エレクトラ』で舞台をやっていた今年の5月くらいまで、ずっと走り続けていたような感覚だったんです。でも、お休みをいただいてリフレッシュしたら、気持ち的にもガラッと変わって。今は、日々追われていない生活なので、すごく穏やかです(笑)」

 昨年、朝ドラヒロインを務めて以降も、映画に舞台、CMにと見ない日はないほどの活躍。まさに毎日を全速力で駆け抜けてきた高畑充希(25)。日本一多忙な女優に待望のまとまったオフが!

「家で掃除や洗濯したりと、ゆっくり何もしない時間を楽しんだり。あと熊本にも行きました。何も予定を立てないで行ったので、友達にレンタカーを運転してもらって山の中をグルグル回ったりして。黒川温泉に行ったんですけど、入湯手形を1つ買うと3か所入浴できるんです。高原の中にポツンとある温泉に入ったりして、めちゃくちゃ気持ちよかったです!」

 気持ちも一新し、女優として“これからが第2章”と笑顔で意気込みも。そのタイミングで民放連ドラ初主演を務めるのが、7月12日からスタートする『過保護のカホコ』(日本テレビ系 水曜 夜10時〜)。

 両親に無菌状態のように育てられた史上最強の箱入り娘・カホコ(高畑)が、ある青年との出会いで成長し、家族の問題も解決していく痛快ホームドラマだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)