16歳の少女に産ませた2か月の長女を殺害!「死亡後に聞こえた笑い声」の無神経

16歳の少女に産ませた2か月の長女を殺害!「死亡後に聞こえた笑い声」の無神経

中学時代は丸刈りでぽっちゃり体形(左)だが、20歳を過ぎてガラリと変わった郷家容疑者(本人のSNSより)

 生後2か月、まだ首もすわらない赤子を殺害した疑いで6月28日に逮捕されたのは、父親で静岡県沼津市に住む会社員、郷家郁也容疑者(23)。

 逮捕容疑は昨年12月2日、殺意をもって璃愛ちゃんの頭部に何らかの暴行を加えたことにより、同月9日、璃愛ちゃんを静岡市内の病院で死亡させたというもの。

 郷家容疑者自ら璃愛ちゃんを病院に連れて行ったが、虐待の可能性が浮かび上がった。

「病院から連絡があり頭部に複数の傷、全身に複数のあざがあることから、重篤な事案だとして警察へ通報しました」

 と保健福祉センター担当者が、沈痛な面持ちで語る。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)