小室圭さんを育てたシングルマザーの苦労「ひとり息子に“いい教育を”」

小室圭さんを育てたシングルマザーの苦労「ひとり息子に“いい教育を”」

「特技」のバイオリンを演奏する6歳のころの小室さん(山内純子さん提供)

 7月8日に秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約を正式に発表する予定だった小室圭さん。

 「母子家庭」というハンディキャップを乗り越えるため、母・佳代さんは必死の思いで、ひとり息子を支えたようだ(現在は母方の祖父も同居)。

「圭さんは3歳ごろからバイオリンを習っており小学校は東京・国立にある音楽大学附属の学校に通っていました。

 しかも自宅の横浜から国立は遠いので、一時は国立に住んでいたほどの教育熱心さでした。それはお父さんが亡くなってからも変わりません。

 ひとり息子に“いい教育を”というお母さんの思いは強かったようです」(横浜の小室家の近所の住民)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)