山下智久、後輩たちにとって理想の“パイセン”は『コード・ブルー』でも健在か

山下智久、後輩たちにとって理想の“パイセン”は『コード・ブルー』でも健在か

ジャニーズ事務所

「後輩の目標になれる先輩ですね。生き方とかがダサいとは思われたくないです。そのためには、ストイックな生活をして自分を成長させたいですね」

 7年の空白を経て今月から3rdシーズンが放送される月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)。公式ホームページのインタビューで冒頭のように述べたのは、主演を務める山下智久だ。

 今回のシーズンで新しく後輩ができることにちなみ山下自身の“理想の先輩像”を答えている。

 2クール連続でのドラマ出演となる山下。4月から放送された亀梨和也主演のドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)では、神出鬼没な自称“神”を演じたが、その右手の薬指にはキラリと輝く『C』というブランドの指輪があった。

「山下さんは、指輪だけではなく、ネックレスやピアスなども含めて、このブランドのアクセサリーを以前からよくつけているんです。'09年に放送されたドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(フジテレビ系)のころにはすでに愛用していましたね」(芸能レポーター)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)