東大在学中に公認会計士に合格した27歳の女性都議「都の財政はどんぶり勘定!」

東大在学中に公認会計士に合格した27歳の女性都議「都の財政はどんぶり勘定!」

成清梨沙子さん  墨田区、公認会計士、2歳男児の母

 2日に投開票が行われた東京都議選2017。下町の墨田区(定数3)で2位にダブルスコア近い差をつけてトップ当選したのは公認会計士の成清梨沙子さん(27)だ。東京大学経済学部に在学中、公認会計士試験をパスした才媛。3月まで4大監査法人のひとつに勤務し、都民ファーストの会の最年少候補として注目を集めた。

「最初のころは街頭演説の声が小さかったと思います。通りすがりの有権者が“その声の出し方じゃ届かないよ”とアドバイスしてくれたり、別の方から“ちゃんと続けていけば絶対みんなに届くから”と励ましていただいたこともある。下町は温かい。ありがたかったです」

 公認会計士ならではの都政への切り込みが期待される。すでに都の会計資料を読みこんでおり、気になっている部分がいくつかある。

「都の財務状況はどんぶり勘定が目立っていて、税金に対する意識が甘いと感じました。節約意識が感じられないんです。負債が6兆円ぐらいあり、社会保障関連費がこれから毎年300億〜400億円増えていくといわれています。税金の無駄遣いは徹底的になくしていきます」

 原因のひとつに、監査が機能していないことを挙げる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)