「赤ちゃん誕生は奇跡的」パンダの恋愛事情と気になる赤ちゃんの名前をアノ人が予想

「赤ちゃん誕生は奇跡的」パンダの恋愛事情と気になる赤ちゃんの名前をアノ人が予想

赤ちゃんを抱くシンシン(提供=上野動物園)

 パンダの赤ちゃんが5年ぶりに誕生! おめでたいニュースだが、動物学者の今泉忠明先生は、

「最初の1週間を過ぎれば80%は大丈夫でしょうが、半年ぐらいは緊張する場面があるかもしれません」と慎重な姿勢。

 母親のシンシンは今回が2度目の出産。5年前の初産のときは、2日目に突然、育児放棄し、飼育員や獣医が手厚いケアを施したが、残念な結果となった。

 パンダは体が大きいわりに10センチ弱の未熟状態で子どもを出産するため、ほかの動物のように出産時の刺激がない。そのため、母になった自覚が薄いのか、育児放棄や赤ちゃんを踏みつぶす、乱暴に扱うなどといったケースが少なくない。

「最初は失敗しても2度目からうまくいくことは多い。今回はうまくいくんじゃないでしょうか。現状、上手に子育てをしているようですね」(今泉先生)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)