おめでたい反面、苦労も多い? 産休女優たちの“難し過ぎる”おしごと事情

おめでたい反面、苦労も多い? 産休女優たちの“難し過ぎる”おしごと事情

(写真左から)篠原涼子、榮倉奈々、上戸彩、菅野美穂、松たか子、小雪

 昨年人気を博したドラマ『99・9』の新作(来年1月スタート)で、出産した榮倉奈々に代わって木村文乃がキャスティングされた。アルコールのCMでは小雪の妊娠により菅野美穂へ、そして菅野の妊娠で井川遥へバトンタッチ。妊娠・出産がもたらす、女優業への影響とは──。

  ◇   ◇   ◇  

《この度、2700gの元気な赤ちゃんを出産いたしました。今回の妊娠、出産ではたくさんの方々にご協力、ご指導いただき、日々助けられて生きていることを、また、温かく見守ってくれる方々に恵まれている事を実感いたしました》

 6月12日に元気な赤ちゃんを出産したのは、結婚から約1年がたった女優の榮倉奈々。母子ともに健康だそう。

「今年の1月から放送されていた『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)に出演していましたが、3月14日に妊娠を発表して以来、仕事をセーブし、いわゆる“産休”に入っていました」(スポーツ紙記者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)