ユースケ・サンタマリア、NHKドラマ初主演「今がいちばんモテてます」

ユースケ・サンタマリア、NHKドラマ初主演「今がいちばんモテてます」

ユースケ・サンタマリア 撮影/佐藤靖彦

「タイトルが『悦ちゃん』で、横に小さく“昭和駄目パパ”ってつけられてて。僕、主役じゃないの!? って(笑)」

 ユースケ・サンタマリア(46)がNHK初主演を飾るドラマ『悦ちゃん』で、妻に先立たれた売れない作詞家の碌太郎を演じている。タイトルになっているのは、ちょっとおませな娘の悦子(平尾菜々花)。演じている子役の菜々花ちゃんにはベタ惚れの様子で、

「ある意味“バディ”です。本当の仕事仲間として見ています。ちょっと前の子役は、本当にうるさい子どもが多くて、“お母さん、怒れよ!”というのがいたんですよ。僕がトイレで用を足そうとしたら、天井に忍者みたいに張りついていたり(笑)。メチャクチャなのがいましたね。

 菜々花ちゃんは芝居は文句ないし、現場の流れを全部把握しているんです。僕が“次は何のシーン?”って聞いています(笑)」

 作中、碌太郎の再婚相手探しという悦子の行動のおかげで、人生のモテ期に突入する碌太郎。ユースケ自身のモテ期はいつ?

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)