佐藤栞里『ポケモン』映画で声優に挑戦「最近出会いがありました!」

佐藤栞里『ポケモン』映画で声優に挑戦「最近出会いがありました!」

佐藤栞里 撮影/高梨俊浩

「とにかく外で遊ぶことが大好きで、夏休みは毎日のように小学校のプールに通っていました。肌の色が、まるで“木”みたいに真っ黒で……! モデルを始めた小5から、日焼けには気をつけるようになったんです(笑)」

 人気アニメシリーズの最新作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(7月15日より全国公開中)で、活発で男勝りなトレーナー・マコトとして、ゲスト声優を務めた佐藤栞里(26)。10歳の女の子を演じるうえで、

「普通の声で演じてしまうと26歳感がどうしても出てしまうので(笑)、日常でも練習はしました。家で大きい声を出すのはご近所迷惑になってしまうと思って、駅のホームで、電車が来た瞬間に“ポッチャマ、バブルこうせん!”って言ってみたり(笑)。私自身も小さいころからなじみのあるポケモンの世界で、たくさん冒険ができて本当に幸せでした」

 20周年記念作品として、主人公のサトシとピカチュウの出会いが描かれているけど、最近ビビッときた出会いは?

「洋服はビビッと一目惚れして買うことが多いです。あとは、今おうちで飼っているポメラニアンの“はな”は一目惚れでした。顔がちょっとブサイクというか、ファニーでとっても可愛いんです♪」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)