日本一動物に優しい「ハズトレ」動物園が福岡にあった!

日本一動物に優しい「ハズトレ」動物園が福岡にあった!

飼育員2人と獣医の3人でライオンのハズトレを実演 撮影=久我秀樹

 動物園で暮らしてもらう以上、動物には幸せかつ健康でいてほしいもの。近年は動物福祉の考え方から『環境エンリッチメント』『ハズバンダリートレーニング』といった手法が日本の動物園にも広まってきた。

 環境エンリッチメントとは、限られた空間でも幸せに暮らしてもらうため、生活環境を豊かにすること。ハズバンダリートレーニング(=ハズトレ)は健康管理などを行うためのトレーニング。検査や治療をしやすいように協力してもらう動作を教え込む。例えば、採血する際に静止させるのはその動物の健康のためだが、動物自身は理解できず苦痛なだけ。それをトレーニングで“平気なこと”に変えてあげるのだ。

 これらの手法を組織的に取り入れ有名になった大牟田市動物園を訪ねた。4年前からハズトレを始め、その様子を客の前で実演することで、10数万人台だったた入園者数が’15年は21万4135人、’16年は25万1658人と着実に伸びている。

「獣舎は昔ながらの檻やコンクリートで一部老朽化も進んでいますが、すぐにはリニューアルできない。だから今ある環境で、できるだけ動物が幸せに過ごせる工夫をしています」

 と広報の今村友維子さん。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)