1年間で平均6万円の食材ロスを節約! これが【冷蔵庫】の正しい使い方

1年間で平均6万円の食材ロスを節約! これが【冷蔵庫】の正しい使い方

冷蔵室

 ひと家庭で年間に廃棄する食材の金額は、平均なんと6万円! 実は、冷蔵庫の使い方をちょこっと見直してみるだけで、そのムダはグ〜ンと減らせるんです! 庫内がスッキリ片づくことで、家事も効率化し、時短や節電にも!!

  ◇   ◇   ◇  

 冷蔵庫の進化は日進月歩。野菜はみずみずしさを長く保ち、肉や魚のうまみは逃げにくくなった。とはいえ、必ずいつかは腐る。“永遠”はありえない。

「環境庁が京都で調査をしたところ、家族4人の1年間の食品ロスは平均6万円。それだけあれば、家族旅行も外食もできるのに……もったいない!」

 こう話すのは、ラク家事アドバイザーの島本美由紀さん。腐った、余った、賞味期限が切れたなど、ロスの理由は複数あれど主な原因はひとつ。冷蔵庫を正しく使っていないから!

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)