宇多田ヒカル、ラッパー・KOHHとのコラボ曲制作のメモ書きが1700万円で販売される

宇多田ヒカル、ラッパー・KOHHとのコラボ曲制作のメモ書きが1700万円で販売される

記事まとめ

  • 宇多田ヒカルのアルバム『Fantome』にはラッパー・KOHHとのコラボ曲が収録されている
  • KOHHはイケメンで全身にタトゥー、母親が薬物依存症だった過去を持つなど注目を浴びる
  • レコーディングの際に使われたと思われるメモ書きはKOHHのサイトで1700万円で販売

宇多田ヒカル、アルバム制作の「メモ書き」が1700万円で販売される

宇多田ヒカル、アルバム制作の「メモ書き」が1700万円で販売される

こちらが販売されていたメモ書き

宇多田ヒカルさんが、昨年9月に発売したアルバム『Fantome』には、ラッパーのKOHHさんとのコラボ曲が収録されているのですが、その曲のレコーディングの際に使われたと思われる“メモ書き”が、KOHHさんのオフィシャルグッズの販売サイトで売られていたんです」(音楽雑誌ライター)

 売られていたといっても、普通のファングッズとは2ケタも3ケタも違う値段だった。

「ビックリして思わずゼロを数えてしまいました。見間違いではなく1700万円。どうやら今年の2月くらいから売り出していたようです。“アート”と言ってしまえば、なんでもありなのかもしれませんし、値段も売るほうの自由ですが……」(前出・音楽雑誌ライター)

 そもそも、宇多田とコラボしたKOHHという男はいったい何者?

「ラッパーのKOHHさんは、現在27歳。音楽性だけでなく、イケメンなルックスに全身に刻まれたタトゥー、薬物依存症だった過去を持つ母親といった生い立ちなど、現在、音楽界だけでなくファッション界など多方面から注目を浴びています。宇多田さんが彼のファンだったことからアルバムでのコラボが実現したようです」(前出・音楽雑誌ライター)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)