SMAP解散後の国民的スターの座は嵐ではない? 「困ったときはTOKIO」の声も

記事まとめ

  • 「SMAP解散後、国民的スターの座は間違いなく嵐、と見られていた」とテレビ局幹部
  • しかしSMAPと嵐の狭間で活動してきたTOKIOの評価が上がっているという
  • 『ザ!鉄腕!DASH!!』はジャニーズ冠番組の中ではズバ抜けた数字、とテレビ誌記者

TOKIOが強い! ジャニーズの中で冠番組の視聴率と紅白出場回数がズバ抜ける

SMAP解散後、“国民的スター”の座は間違いなくに継がれるとみられていました。ところが、メンバーのスキャンダルも相次いでか人気は下降ぎみ。一方でデビュー以来、一定した人気を保っているのがTOKIOです。地味ですが、これはすごいことなんですよ」(テレビ局幹部)

 '94年9月に『LOVE YOU ONLY』でデビューしてから23年。SMAPと嵐の2大グループの“狭間”で活動してきたTOKIOが、あらためて業界内で評価が上がっているという。

「KinKi Kidsの堂本剛が突発性難聴で緊急入院した際も、『テレ東音楽祭』(6月28日放送)に長瀬智也が代役として堂本光一と急造デュオを組みました。あらためて“困ったときはTOKIOだね”という声もあがったそう」(音楽番組スタッフ)

 さわやかなジャニーズとはかけ離れた、“ガテン系”アイドルとも称される5人。その方向性を決定づけたのが、'95年から22年間放送されている『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)だ。

「『DASH村』をはじめとした自然の摂理やものづくりを学べるため、日曜夜7時に家族全員で楽しめる番組として人気です。視聴率は毎回15%以上、ときに20%に迫ることも。これはジャニーズの冠番組の中ではズバ抜けた数字です」(テレビ誌記者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)