安西慎太郎×和田雅成、中学時代を語る「男の後輩からめちゃめちゃモテてました」

安西慎太郎×和田雅成、中学時代を語る「男の後輩からめちゃめちゃモテてました」

左から和田雅成、安西慎太郎 撮影/森田晃博

 挫折した天才ピアニストが自由奔放なヴァイオリニストと出会い、夢や恋愛に悩み、生きることとは何かを考えさせられる青春漫画『四月は君の嘘』がとうとう舞台化。今回、天才ピアニスト・有馬公生を演じる安西慎太郎と、幼馴染みの渡亮太を演じる和田雅成の対談が実現!

『週刊女性』本誌(2017年8月1日号)に収録しきれなかった、二人のスペシャルトークをお届け。本誌とあわせてお楽しみください。

――本誌掲載の対談で判明しましたが、安西さんに甘えん坊な面があるのは意外でした(笑)。

安西 かまってちゃんです(笑)。

和田 いい意味のかまってちゃんですね。かわいい、嫌われないかまってちゃん。それが公生をやるんです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)