ブレイク必至の若きスター!将棋会の美勇士、ウワサの “指しメン” 徹底解説

ブレイク必至の若きスター!将棋会の美勇士、ウワサの “指しメン” 徹底解説

左から都成竜馬棋士、斎藤慎太郎棋士、黒沢怜生棋士、佐々木勇気棋士

 実は今、将棋界にはイケメン棋士がめじろ押し。その魅力にハマる女性が激増中だ。

「教室の隅で静かに本を読んでいそうな、涼しく凛とした佇まいは、文系男子の最終形態です。対局中の鋭い瞳や攻めの一手を探して悩み抜く姿。対局のときの服装はスーツやワイシャツ腕まくり、和服に扇子姿と、どこまでも女子の好きなツボを押さえています」(将棋ファンの女性)

 では、イケメン棋士を具体的に見ていくと─。

 まず、佐々木勇気六段は経歴からしてカッコいい。

「父親の仕事の都合でスイスで生まれ、2歳までフランスで育ちました。性格は天真爛漫。日本に帰国後、5歳の正月から将棋を始め、小学生のとき、週6日通っていたという柏将棋センターでは“鬼のように強い子が現れた”“まるで映画スターのような試合模様”などと騒然となったそうです」(スポーツ紙記者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)