【腰痛持ち必見】手術も薬もナシ、5分の治療で痛みが消える「AKA-博田法」とは

【腰痛持ち必見】手術も薬もナシ、5分の治療で痛みが消える「AKA-博田法」とは

岡田征彦先生

「どの病院に通ってもダメだった慢性腰痛が治った」という声が次々と寄せられている治療法がある。しかも、手術も薬もなし、1回5〜10分の手技だけ。「痛みの原因となる関節の機能を正常にする」という「AKA-博田(はかた)法」のメカニズムに迫る!

  ◇   ◇   ◇  

「それまで慢性腰痛を治すために、整形外科や整体、鍼灸(しんきゅう)などあらゆる治療を受けてきましたが、改善しませんでした。どこへ行っても、最終的には“様子をみましょう”と言われてしまう。最後にたどり着いたのがAKA(関節運動学的アプローチ)─博田法です。あっという間に痛みがなくなりました」

 こう語るのは、趣味でサッカーに熱心に取り組む20代の男性。過去に肉離れを起こした経験があり、その部分をかばいながらプレーをするうちに腰痛になった。トレーニングなどで筋肉が疲れると激痛が走ることもしばしば。腰痛を治したいと治療法を探し求め、出会ったのがAKA─博田法だったという。

「AKB」と間違えてしまいそうな治療法だが、最近「たった5分の治療で痛みが消える」などといわれ、話題を呼んでいる。でも本当に、頑固な慢性腰痛が、魔法のように数分で治るなんてことがありえるのか。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)