昭和の痛快ラブコメディー『悦っちゃん』でユースケがバディと認める“天才子役”

昭和の痛快ラブコメディー『悦っちゃん』でユースケがバディと認める“天才子役”

(c)NHK

 ユースケ・サンタマリアがNHK連ドラ初主演。土曜時代ドラマ『悦ちゃん』(NHK総合 土曜夜6時5分〜)で、妻を亡くし、しみったれた“男やもめ”を演じている。原作は、獅子文六の同名小説。過去に何度か映像化されているが現在、視聴できるものは少ない。今作では主人公の年齢を変更するなど、現代にふさわしいアレンジを加えている。

「ユースケさんは、いつも“演じていて気持ちいい”と言っています。サスペンスなどで、ショッキングな役が続いていたので“こんなに気持ちのいい男の役は久しぶり”と。現場も和やかで、本当に楽しそうに演じています」

 と話すのは、朝ドラ『ゲゲゲの女房』『とと姉ちゃん』などを手がけた落合将チーフプロデューサー。

 物語の舞台は、昭和10年の東京。売れない作詞家の“碌(ろく)さん”こと柳碌太郎(ユースケ)は、妻と死別した後、しみったれた暮らしをしていた。ひとり娘の“悦ちゃん”こと悦子(平尾菜々花)は、そんな碌さんにピリッとしてほしく、自分も新しいママが欲しい。そこで、おしゃまな悦ちゃんは、碌さんの嫁探しに奔走する。

「災害が頻繁に起き、ネットでは何か起こると、すぐ犯人探しをするような息苦しい時代です。だからこそ、気持ちのいい人たちが、気持ちよく恋をしたり、生きたりする作品を見たいと思ったのです。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)