星野源は29万部! 必要なのはセンス?文才? なぜ芸能人エッセイが売れるのか

星野源は29万部! 必要なのはセンス?文才? なぜ芸能人エッセイが売れるのか

左から星野源、ムロツヨシ、大泉洋

「つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

 誰しもが国語の授業で習ったであろうこの文章は、日本でいちばん古い“エッセイ”である吉田兼好の『徒然草』。

 6月に今年の上半期『オリコン“本”ランキング』が発表されたが、その中でも注目すべきは、29万部を売り上げた星野源のエッセイ『いのちの車窓から』(KADOKAWA刊)。

《'15年12月6日にお店が開店してから、まだ1年半に満たないですが、体感としては、今まででいちばん売れ行きがいいように感じています!》

 今年4月に取材した際、三省堂書店・池袋本店の担当者は、本誌の取材にうれしそうに語っていた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)