刑事役の掛け持ち中!三浦翔平「僕を“理想の恋人”だと思うことが間違い」

刑事役の掛け持ち中!三浦翔平「僕を“理想の恋人”だと思うことが間違い」

ドラマ『警視庁いきもの係』に出演中の三浦翔平 撮影/高梨俊浩

「デビュー当時はいろいろ若かったなって思います。演技への向き合い方や現場に臨む姿勢も含めて」

 ’07年の『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で“フォトジェニック賞”と“理想の恋人賞”をW受賞し、華々しくデビューして今年で10年。

「これは受賞したころから言っているんですけど、僕のことを理想の恋人だと思っているのが間違い(笑)。会ったことがない人に、本当の僕なんてわかんないと思うから。特に昔は嫌なことは嫌だってハッキリ言うタイプだったし。でもこの10年間で、先輩たちが言っていることの意味がわかるようになってきたところは、成長した部分だなって思います。“言わぬが仏”を覚えましたね(笑)」

 ではズバリ、理想の恋人像は?

「結婚するならお酒が飲めて、料理と掃除が好きで面倒見がいい人がいいですね。でもすべてが理想の人っていないと思うので、ある程度は妥協します(笑)」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)