東山紀之、情報番組のキャスター就任を決意させた過去の“トラウマ”とは

 10月からテレビ朝日は毎週日曜日の朝に、情報番組『サンデーLIVE(仮)』をスタートさせるという。同局の“ニチアサ”といえば、長年、戦隊モノと仮面ライダーシリーズが定番だったが、それらの放送時間を変更するほどの気合の入れようだ。

「朝5時50分から8時半までの2時間40分という長丁場。そのメインキャスターを東山紀之が務めることが発表されました。裏番組には関口宏や中山秀征など、長年、情報番組で司会をこなしてきた人がずらりとそろう激戦区。キャスター未経験の東山がどこまで切り込めるか、見ものですね」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズ所属のアイドルとして、近藤真彦とともに事務所を支えてきたヒガシ。今では嵐の櫻井翔やNEWSの小山慶一郎など、後輩たちがキャスター業に進出している中で、満を持しての参戦だ。

「東山はオファーがあったとき、生放送の司会ということに不安があったそうです。でも、“芸能界の母”と慕っていた森光子さんのアドバイスを思い出して受けたそうですよ」(芸能プロ関係者)

 森さんといえば、午後のワイドショー『3時のあなた』(フジテレビ系)の司会を'74年から14年間も続けてきた。彼女と親しかった舞台関係者は、当時の苦労を振り返る。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)