祖父母を殺害した当時17歳の少年が社会に訴える「一歩踏み出す」ということ

祖父母を殺害した当時17歳の少年が社会に訴える「一歩踏み出す」ということ

東京・隅田川にかかる千住大橋を登るための螺旋階段。母親が少年に、祖父母の殺害を唆したとされる場所

 殺して金を持ってこい。母親からの執拗な脅迫により祖父母を殺害した17歳の少年。逮捕後、彼と何通もの手紙をやりとりした現役の新聞記者がみた事件の背景。そして少年から教わった「一歩踏み出す」ということ。新聞では書ききれなかった事件の真相と少年への想いとはーー。

                ◇   ◇   ◇

「大人に対しては、疑う心しかありません。自分(少年)に対して得なことを差し出してくる時は、その後、相手にはもっと大きな得があり、そのための小さな損をしているとしか考えられない」

 2014年、埼玉県川口市で祖父母を刺殺し、金を奪ったとして強盗殺人罪に問われた少年(事件当時17歳)は、裁判で大人に対する絶望的なまでの不信感をあらわにした。幼いころから母親らに金を得るための道具のように扱われ、虐待を受け続けてきた。

 裁判を機に少年が育ったあまりに過酷な境遇が明らかになると、複数の大人が支援を名乗り出た。少年は支援者に感謝しながらも、裁判や手記では「人を信じて裏切られ、傷つくのが怖い」「どうせいつか関係が切れるなら、今壊したほうがいいという破壊衝動に駆られる」などと胸の内を語った。長く続いた虐待は、少年から人を信じ心を通わせることの喜びを奪っていた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)