2人の娘に羽交い締めにされ妻から暴行、白骨遺体はついに「消去!」された夫だった

2人の娘に羽交い締めにされ妻から暴行、白骨遺体はついに「消去!」された夫だった

家宅捜索で階段を行き来する捜査員

「その朝、パトカー1台と覆面パトカー2台が駆けつけました」と地元住民は振り返る。

 横浜市神奈川区の自宅マンションに遺体を放置したとして、神奈川県警は山内真里子(60)、長女・桂(34)、次女・優香(29)=いずれも無職=の3容疑者を死体遺棄容疑で15日に現行犯逮捕した。マンション管理会社から「異臭がする」と警察に連絡があったのがきっかけだった。

 県警によると、遺体の身元は21日、真里子容疑者の夫で姉妹の父親である浩さん(63=無職)と判明。2DKの居室内、5・5畳の洋室で一部白骨化しており、死後約1〜2か月経過していた。死因はわからない。一家に何があったのか。半年以上前に金銭絡みの騒動があった。

「昨年10月、真里子容疑者が“夫(娘の父親)が退職金を分配しない”と110番通報した。警察が駆けつけると、娘2人が父親を羽交い締めにして同容疑者が暴力を加えていたらしい」(全国紙記者)

 労働収入がない母娘3人が生活苦に耐え切れず、退職金をひとりで使おうとした父親を責め立てたような家庭内の対立構図が思い浮かぶ。それでも常識的に考えて、成人男性が女性に組み伏せられるのは想像しにくい。女3人対男1人ではそんなに分が悪かったのか。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)